maya's memo mayatweet.exblog.jp

世田谷区在住。iPhone、ビール、東京、NY、ミュージカルが大好き。このBlogには日常や旅の記録などを残しています。たびたび登場するふぁるこんは夫です。詳しくは自己紹介カテゴリで。


by maya
画像一覧

カテゴリ:映画・エンタメ生活( 59 )

c0227407_18205177.jpg


映画「世界の果ての通学路」

相方ママさんと鑑賞。
通学路という視点から地球の今を捉えたドキュメンタリー。

私も子供の頃の通学路には
思い出してみるとたくさんの思い出がありますが
地球上にはこんなに何時間も何時間もかけて大変な思いをしながら
毎日学校に通ってる子供たちがいるんだね。

泣けたわー。

4組の子供たちは今日も大変な思いをしながら
学校に通っているんだろうなー。

全ての子供たちの将来が素晴らしいものになりますように。


オススメです。




「世界の果ての通学路」ホームページ
[PR]
by maya_tweet | 2014-05-04 18:36 | 映画・エンタメ生活
c0227407_1234041.jpg


映画メモが貯まってきてるー。
「LIFE!」を観たのは先々週だったかなー。
楽しい映画でした。

ニューヨークが出てくる映画なら
内容問わず
観れるものはだいたい観ちゃう私ですが
これはニューヨークの雑誌出版社で働くウォルター・ミティが
仕事がクビになるのを恐れて
なくなった写真のネガを探すために(写真家に会うために)
はるばると壮大な旅に出るストーリー。

なので
ニューヨークのシーンはそんなに出てきません。
が!
旅に出たくなります。

映画の予告編。




空想癖のある主人公。

でもでも
リアルの世界は
空想よりずっとすごかったのです。

原題は「MITTY」
主人公の名前になっているんですね。

旅を続けるうちに
どんどんかっこよくなっていくのだー!


映画「LIFE!」のサイトはこちら
[PR]
by maya_tweet | 2014-04-24 01:39 | 映画・エンタメ生活
c0227407_1110290.jpg


写真は一昨年のこのイベントで購入した小さなレインボーフラッグ。
可愛いのでお部屋に飾ってます。

今年も!
青空のもと!

「東京レインボープライド2014」が開催されます。

なんと自分でもビックリなことに
今年は私もカラーガードでレインボーパレードに参加しまーす!!!

去年までは沿道応援だけだったけど
嬉しいことに
今年はお声をかけていただきました。

最初は
無理だよ!カラーガードなんて無理!出来ないよ…と尻込みしていましたが
よーく考えたら
こんなチャンスはもう二度とないよね☆

というわけで!

カラーガード経験者の相方と一緒に挑戦することに。
深夜に遊歩道で教えてもらったりしてました。
(カラーガード:わかりやすく言うなら、マーチングバンドで見かける大きなフラッグ(旗)を操っているダンサーのこと)

うはは。

マーチングをやっていた娘に言ったら
「えー!ママがカラーガードやるのー?」と大笑いされました。
そして
「私も一緒にやりたかったー」と。
うーん、可愛いヤツ。^^

3月からワイワイ楽しく集まって絶賛練習中だったカラーガード
親切丁寧に教えていただいてました。

もう後は本番を残すのみ。
先週からは衣装準備でバタバタしてます。←何事もまずは格好から…のヤツなのでw。

新しい体験!
ホントに楽しいよ!
繋がりやご縁に感謝です☆

なんと
今年の特別ゲストは
夏木マリさん!!!

知った時に歓声を上げてしまいました。
「夏木マリ GIBIER du MARIE」!!!

去年は乙武洋匡さんも車椅子でパレードに参加。
今年は夏木マリさんも参加。
このイベントの存在を知る方がどんどん増えるといいな。

パレードはたくさんの方の協力のもと
イベント会場の代々木公園からスタートして渋谷や原宿周辺を周ります。

イベント会場の代々木公園では
各国駐日大使館のブース出展や出店がたくさんで
ステージでは音楽やダンスが繰り広げられ
本当に楽しいお祭りとなっています。

青空のもと、ホントに気持ちいいよー!

どうぞ遊びにいらして下さいねー!
運動になるのでパレード一緒に歩きましょう。(←申し込み制、先着順)

あとはお天気を祈るのみ。
でもたぶん晴れる!
気持ちのよい青空になる!

4月27日、日曜日!
東京という大都市にたくさんの笑顔が生まれ、大きな虹がかかります!

最後に…

夏木マリさんのメッセージを転載します。(問題があったら削除します)


[夏木マリさんからのメッセージ]
 虹色には様々な色が存在する
 私達も同じ、色々な人が存在する
 東京という場所から、社会的排除や
 差別的ニュアンスをなくそうと声を上げること
 そのレインボープライド2014に参加できる
 LGBTという言葉すら存在しない海外とも
 共有できる価値観、人として当然である

 世界人口が70億の今、70億色のセクシャリティがあるのだから・・・
 4.27 私はみんなと共にうたいたい
 お祝いの歌を!
(東京レインボープライド2014のサイトより転載)


詳細はこちら!
東京レインボープライド2014のサイト
[PR]
by maya_tweet | 2014-04-22 11:31 | 映画・エンタメ生活
c0227407_0462835.jpg


アナ

そして、エルサ(雪の女王)。

c0227407_0463326.jpg




こんにちは、マヤです。

ひとり「Let It Go」祭りを実施していた私でしたが(笑)
この曲は予想通り&願い通りにアカデミー賞歌曲賞を受賞。

さらに

映画も日本公開されて
今では毎日のようにテレビやラジオから流れているし
めっちゃヒットしているようですね。

しかも日本語版と英語版と両方ともヒットしているのは
ホントにうれちーーー☆

もうホントにホントにこの曲が大好きなのですよーーー。

「Let It Go」という言葉は
ミュージカル「フル・モンティ」がきっかけで大好きな言葉になったのですが
またまた同じミュージカル(ディズニー映画)で
同じタイトルの曲に出会えるとは!

そのままでいいよ!
とか
ありのままで…という意味。

娘たちに言い続けたい言葉ですわー。


さてさて

ミュージカルっこ、RENTっこの私たちは
もちろんイディナ・メンゼルが歌う「Let It Go」を楽しむために
英語版(3D字幕版)を観ました。

イディナ・メンゼルは
ミュージカルRENTでモーリーンの役をやっていて
映画版RENTにも同じ役で出演されています。
大好きなブロードウェイの女優さんです。


映画館は
平日だったのですが
小さなお子さん(日本人)もたくさん来ていて
「Let It Go〜 Let It Go〜♪♪♪」と歌っていてビックリ。


色々悩んだり、色々気にしたり
誰もが何かしら抱えていると思うけれど
そんな人にこそ観ていただきたい映画だと思います。

特に女性!

ディズニーのプリンセスは強い女が多くて
ホントに勇気や元気がもらえるよね。

近いうちに日本語版も観に行こうと思います!

神田沙也加さんのアナ、松たか子さんのエルサも
観てみたくなりました。

子供たちに
こういう素敵な映画をたくさん作ってるディズニーって
やっぱりすごいなーと思いました。


「アナと雪の女王」公式サイト
[PR]
by maya_tweet | 2014-03-29 01:14 | 映画・エンタメ生活
c0227407_1631613.jpg


「大統領の執事の涙」
めちゃめちゃいい映画でした。
オススメです!

人種差別を描いた映画だと
辛くなるので
観るのを躊躇してしまうのですが
これはその中でも真摯な気持ちで仕事に向き合った主人公のストーリー。

サービス業に携わる方にも響く言葉がたくさんあると思う。
そのシーンはちょっと鳥肌ものでした。

実話に基づいたお話。

人種差別はもちろんのこと
親子の関係って…夫婦の関係って、何だろうと
考えさせられる映画であります。

特に親子関係。
息子がふたりいるのですが
それぞれ自分の強い思いで社会に立ち向かいます。
観ていて心が痛かったです。
子供を愛する気持ち、心配する主人公(親)の気持ちがわかるから。

他にも見どころはたくさんあって

私が面白かったのは
アメリカの近代史がよくわかったところ。

そだそだ
映画館のトイレに行く通路にこんなポスターが並んでいました。
c0227407_16553678.jpg


彼が仕えた大統領のポスター。

ドワイト・アイゼンハワー
c0227407_16555582.jpg


ジョン・F・ケネディ
c0227407_1656366.jpg


リンドン・ジョンソン
c0227407_1656580.jpg


リチャード・ニクソン
c0227407_1656793.jpg


ジェラルド・フォード
(ポスターなし)

ジミー・カーター
(ポスターなし)

ロナルド・レーガン
c0227407_16561040.jpg



…と
7人の大統領に使えた主人公を描いているので
我々も知っている近代のアメリカでの出来事が出てきて
ちょっと歴史のお勉強にもなりました。

なので
中学生、高校生の方たちも観てみるとよいかと。
アメリカの近代史が
ドラマの中で理解できると思います。

辛い過去を背負っていても
前向きに真摯に仕事をしていく。
生きるということ
そして
仕事ってこういうものなんだなーと思いました。


オバマ大統領も
涙が溢れたとコメントされてました。

昨年、ホワイトハウスを見て来たばかりだったので
その中が見れてちょっと嬉しかったです。

ホントにいい映画だった。
オススメです!

翌日になってもジーンと感動しています。
もっと単館系に足を運ぼうって思いました。
いい映画がたくさんあるもんね。



「大統領の執事の涙」公式サイト
[PR]
by maya_tweet | 2014-03-16 17:03 | 映画・エンタメ生活
c0227407_161241.jpg

音楽界のレジェンドたちを、名前をクレジットされることもなく支え続けてきたバックシンガー。
その知られざる成功と挫折を描く、観るものの心を揺さぶる珠玉のドキュメンタリー。
(フライヤーより)


観たいと思いながら上映終了になってしまった
「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」

アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門を受賞したので
再び記念上映されていることを知り
慌ててチケットを購入。

ところが!

寝不足での仕事帰りに行ったため
寝ない自信満々だったのに
前半ウトウト…

あー私は夜の上映は
よっぽどしっかり寝てる日じゃないと
やはり無理なのだ。

いやでも!

やはり歌声がめっちゃ素晴らしいので
すぐに覚醒しました。

ドキュメンタリー映画は
バレエやミュージカルなどの世界で活躍している人たちを取り上げたものを観たりしますが
その努力にたくさんの元気をもらえます。

何人かのバックシンガーたちを取り上げていますが
それぞれが語っている言葉が
すごく印象に残ります。

音楽の世界って(他もそうだと思うけど)
実力だけじゃない。
それに
ビジネスである限り
いくら実力があっても自分勝手では続かない。

マイケルと歌ったジュディス・ヒルは
チャンスに恵まれても進む道を間違えたら水の泡だ
と語る。

そんな印象に残った言葉が
いくつかあったけど
私が一番心に残った言葉は

「歌うとは分かち合うこと。競うものじゃない。」

バックシンガーとして歌に専念することを選んだ
リサ・フィッチャーの言葉でした。

ところで
日本語タイトルは
「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」となっていますが
原題がすごくかっこいい。

"20 FEET FROM STARDOM"

こちらのタイトルの方が
このドキュメンタリー映画にはマッチしている気がするよ☆


「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」公式サイト
[PR]
by maya_tweet | 2014-03-16 16:20 | 映画・エンタメ生活
わーやっとブログ更新出来るー!
この一週間はちょいと忙しくしておりました。
でもでも
昨日それも終わったので、また日常に。

3月と4月は幼稚園のお仕事がなくなるので
ちょっと時間が出来ます。
で、新しいことにチャレンジすることに。
それについてはまた今度。

ちょっぴり運動系なのでどうなることやらだけど。
でも楽しみにしています。

さてさて!

ずーーーっと
ブログに残したいことがあり
早くまとめたいなーと思っていたのですが

この映像を映画館の予告編で見て
この曲を聴いて
もう一目惚れしてしまったのですよー。



アナと雪の女王(ディズニー映画)主題歌「Let It Go / イディナ・メンゼル」


どこかで聴いた歌声だなーと思っていたら
私たちが大好きな「RENT」のモーリーン役の彼女じゃないですか!
来日公演にも来てくれてました☆
う、なんて嬉しいっ。

映画はホワイトデー(3/14)公開。
楽しみだなー。

で、ここんとこお家で
ひとり「Let It Go」祭りを開催しております。

そしたら
こんなに面白い動画が届きました。


『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go」の25か国語版ミュージック・クリップ!

※動画を再生される時は、見終わった動画が完全に止まるか、一時停止の状態にしてから次の動画を見て下さい。(不具合が起こるみたい…)


25カ国全ての声優さんの歌声が
言葉こそ違うけれどもホントによく似てる!

日本だけちょっと可愛い声なのは日本人好みなのかもしれないですね。
日本語は松たか子さんです。

25カ国語を聴き比べてみると
世界各国にミュージカルの歌姫がいるのだなーと
感動しました。

日本語版、劇中は松たか子さんですが
エンドソングはMay J.さんが歌っていらっしゃいます。
これも素敵だよー!






さてさて
最後に…自分のカラオケ練習用に歌詞付き動画を。(笑)





はぁーーー全てをまとめられて大満足!

Facebookに投稿しても
どんどん流れてしまって探すのが大変なので
ブログにひとつにまとめたかったのだ。

「Let It Go」という言葉は
ミュージカル「フル・モンティ」にも有名な曲がありますが
ホントにホントに大好きな言葉なのです。

ありのままで とか
そのままでいいよ とか

そんな意味です。

長女の18才の誕生日にプレゼントしたペンダントに
彫ってもらった言葉。

私から愛する娘たちへのメッセージは
今でも変わらずに「Let It Go」なのです☆

Let It Go…

大好きな言葉です!
[PR]
by maya_tweet | 2014-03-02 17:45 | 映画・エンタメ生活
映画1本、ミュージカル1本と
とても贅沢な一週間を過ごしました。

やっぱり映画は映画館で観るのがよいし
ミュージカルは舞台で観るのがやっぱりよいねぇー。
エンタメはホントにいいねぇー。

「永遠の0」は大ヒットしてますね。
岡田くんの人気ももちろんあるとは思いますが
脇を固める大ベテランの大人の俳優さん達の演技が
やっぱり素晴らしいんだと思います。
戦時中のことを語る俳優陣の演技が圧巻でした。

そして
井上真央ちゃん
私はまだまだ子役の頃のイメージが抜けなかったけれども
この映画を観て、いい女優さんだなーと。
井上真央ちゃんと風吹ジュンさんの演技にほろっと泣かされました。

戦争映画はちょっと…と
いつもはパスする私ですが
この映画は大丈夫。
舞台が現代で、戦争で亡くなった祖父の軌跡を辿るストーリーだったからかも。


そして!

そして!

永遠の0とは
ガラリと雰囲気が違うミュージカルを鑑賞。


大好きなフル・モンティ!

c0227407_16303198.jpg


ブロードウエイの来日公演を観たのは
もう8〜9年前になるかなー。
めっちゃ元気をもらったミュージカルでした。

日本人キャストってどうなんだろう…と
大好きなミュージカルだけに迷っていたのですが
やっぱり行ってきましたよー!

日本人キャストによるフル・モンティ

フル・モンティって
「すっぽんぽん」っていう意味なのだ。

最後にはすっぽんぽんになっちゃうのだ!(笑)

いんやぁー
最高に面白かった!

ストーリーや音楽は同じなのですが
もしかしたら
爆笑した数はこちらの日本人キャストの舞台の方が
多かったかもー。
あれだけの観客を爆笑の渦にしちゃうのは
並大抵じゃないと思う。
素晴らしかったです!

ブロードウエイ版を観た時は
音楽のメッセージ性がいいなーと思って
CDをすぐに買っちゃったくらいなのですが
また違った面白さでした。

最後の曲、"Let It Go" が私は大好きで
当時、大学受験を控えた娘への贈り物のペンダントに
その文字を入れてもらったくらい。

"Let It Go(そのままでいい)"
大好きな言葉です。

次回公演があるとしたら
娘たちにも観てもらいたいなー。

パンフレットも購入。

c0227407_16303469.jpg


表紙を開くと
私の大好きな言葉が。

c0227407_16303738.jpg

c0227407_1630403.jpg


うーん
やっぱり「フル・モンティ」大好き!!!
[PR]
by maya_tweet | 2014-02-16 16:52 | 映画・エンタメ生活
c0227407_041695.jpg

去年、この舞台を初めて観て
お気に入りになり
今年も楽しみに行ってまいりました!

出演は
ダンサー3人
ミュージシャン5人

ダンスも音楽もレベルが高いです。
プロフェッショナルな
上質なパフォーマンスを楽しめます。

小さな小さな劇場なのですが
それがまた
ニューヨークのオフブロードウエイみたいで
私はお気に入りです。

ダンサーの方たちの汗を間近で感じると
パワーがもらえます。

夢を追い続けたくなります。

パーカッションがまた
このステージを引き立てています。

小さな劇場なのに
めっちゃ贅沢な時間を過ごせます。

chiliさんの独特な世界と澄んだ歌声も大好きです。

明日(水曜日)は2回公演です!
ぜひぜひ!



『 温森‐nukumori 2014 冬 』

【日時】
2014.1.28(火) 19:30~
   29(水) 14:00~、18:30~ (開場は開演の30分前)

【場所】
シアターKASSAI
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-45-2

【料金(税込)】
前売り 3,500円  当日 3,800円 (全席自由)
チケット予約・・・nukumori-dance@hotmail.co.jp

【Dance】
三田村 真帆、渡辺 あさぎ、小粥 真佐代(構成/演出/振付)

【Music】
chili(ギター&ボーカル)
刀根 直仁&吉原 史雄(パーカッション)
佐久間 優子(ピアノ)
天白 由起(SUITE VOICE シンガー)




.
[PR]
by maya_tweet | 2014-01-29 00:21 | 映画・エンタメ生活
c0227407_14532971.jpg


先週は
年末からずっと気になっていた映画2本
「かぐや姫の物語」
「ゼロ・グラビティ」
両方を観ることができました。

やっと2014年が迎えられた気分だよ。
あけましておめでとうございます!(笑)


ゼロ・グラビティ

原題にはゼロが付いていないんだよね。
GRAVITY

どうして邦題にはゼロを付けたんだろう。
ゼロを付けると無重力。

ググってみたら
GRAVITYには重力の意味の他に
重大さとか
(罪や病気などの)容易ならぬこと、重さ
という意味があるみたいで
他にも
真面目さ、真剣さ、厳粛、沈着とか。

原題は
そちらもからめているような気もするのだけど。


3Dで観た方がいい
それも
出来れば
IMAXで観た方がいいと
皆に言われたので
南町田のグランベリーモールまで観に行ってきたよ!

今までの3Dで観た映画の中では
私は「アバター」の次に3Dを楽しめた映画でした。
なんていうのかな
映像の中に自分もいるぞ…という感覚が味わえた。

以下、ネタバレありです。


ずーーーっと
宇宙の中にいるみたいだったからねー。
臨場感がすごかった。

SFのアトラクションを楽しんだ感じ。
宇宙感を味わいたい方は
もう絶対に映画館で観るのをお薦め。

なんと
3Dじゃなくて4Dで上映しているところもあるとか。
残念ながら関東地区にはないらしいんだけど。
それは椅子も動き、匂いとか水しぶきも味わうらしい。
まるでディズニーランドのアトラクション。

2時間以上動く椅子で映画を観るって
どんな感じなんだろう。
体感してみたいなー。

去年の春に娘とNASAに行ったんだけど
そこでシャトル体験が出来るアトラクションがあって
あの揺れを思い出しておりました。

すごいねー宇宙って。

最後のエンドロール
キャスト紹介が超短い。(笑)

サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニー

だけどほぼ、サンドラ・ブロックだけ
ずーーーとひとり。

ぎゅーーーっと
力を入れて観てしまいます。

映画の間
ずっと自分も宇宙にいる感覚になるので
映画館を出てから
あー地球に戻ってこれたーって思っちゃったよ。

興味のある方は
ぜひぜひ3D(出来ればIMAX)で観て下さい!

はー観れてよかった!



オフィシャルサイトでも少しだけ宇宙が味わえるよ!
 ↓
「ゼロ・グラビティ」オフィシャルサイト





.
[PR]
by maya_tweet | 2014-01-21 15:32 | 映画・エンタメ生活