maya's memo mayatweet.exblog.jp

世田谷区在住。iPhone、ビール、東京、NY、ミュージカルが大好き。このBlogには日常や旅の記録などを残しています。たびたび登場するふぁるこんは夫です。詳しくは自己紹介カテゴリで。


by maya
画像一覧

カテゴリ:京都( 2 )

憧れの祇園の街を歩いて…
本物の舞妓さんを見て…

少し歩いて
食事の予約をしているお店に向かいました。

お食事をする前に
都路里(つじり)のお店を見つけたので
お茶をいただくことに。
c0227407_20273927.jpg


おしぼりにも舞妓さんの絵が。
c0227407_20305770.jpg


都路里は
東京の汐留にも出来て、行列のお店です。



そして

京料理の高台寺「羽柴」へ。

自家製ゆばをふんだんに使っているという
「京ゆば膳」をいただきましたー。

c0227407_20335971.jpg

c0227407_2034241.jpg

ゆばグラタン
c0227407_203466.jpg

c0227407_20341097.jpg


最後にいただいた
とろとろのゆばご飯が名物だそうですが
これ、本当に美味しかったです!

厳しい修行を終えられたお坊さんが
久し振りにいただくご飯らしいのですが
胃のためにゆっくり食べられるように
あっさりとした餅米で作ったおかゆに生姜が入っていて
これはまた食べに行きたいです!

高台寺を巡るツアーがあって
そのツアーのコースにも含まれているお店で
私たちがいただいている間にも
次々とお客さんがいらっしゃっていたので
ちょっと落ち着かなかった感はあるのですが
それでも
京ゆばを堪能できるし、美味しいし
お薦めです!


お腹もいっぱいになってお散歩。

提灯がキレイに並んでるこのお寺の名前は
八坂神社だそうです。
c0227407_20464554.jpg

c0227407_20464862.jpg

こちらの舞台のようなところの回りにある提灯には
有名な「佳つ乃」さんのお名前も。
c0227407_20465164.jpg

思わずパチり!


佳つ乃さんといえば!

私が祇園の本を読むきっかけになった
有名な舞妓さんです。
林真理子さんの本にも登場しています。

その佳つ乃さんの提灯を見つけて
ちょっと嬉しかったです!


そしてさらに!

佳つ乃さんのアメブロを発見!びっくりです!
相変わらずおきれいです。

佳つ乃さんのブログ



リンクご紹介…
「都路里(つじり)」のサイト
(私たちが行ったのは高台寺店ですー)


ゆば御膳をいただいた京料理の高台寺「羽柴」のサイト
[PR]
by maya_tweet | 2011-02-04 21:06 | 京都
c0227407_17532717.jpg

京都に到着〜!

新幹線の旅は快適ですね!
c0227407_17534437.jpg


私の「京都」のイメージはやっぱり舞妓さん。

一時期、祇園についての本を夢中で読んでいた事もあり
私たちの日常とかけ離れた世界に興味を持っておりましたー。

京都駅の改札口を出たら
こんな舞妓さんがお出迎え。
ちょっとわくわく。
c0227407_17543135.jpg


この京都旅の目的は
相方のおばあちゃまの米寿のお祝いでした。

お祝い会については
こちらにアップしています。
長寿のお祝いで京都へ。

笑顔いっぱいのお祝い会を終え
皆さんとお別れした後は
宿泊先のホテルへ。

荷物を置いてから、祇園に向けて出発。


京都に行くにあたり
相方に「一番行きたいところはどこ?」と聞かれ

1番は祇園(祇園というところと舞妓さんを見たい)
2番は金閣寺(やっぱり見たいですね)
3番は清水寺(あの3つの水を飲みたい)

と思いました。

さらに
「食べたいものは?」と聞かれ

1番は和菓子
2番はゆば

と思いました。


というわけで

一日目は
祇園へ行って、ゆばを食べる事に。

うわー!
京都っぽい!
c0227407_1842128.jpg

京都の住所って
「上ル」とか「下ル」とか、こんな感じなんですよね。

こんな京都らしいものを見つけるたびに
わくわくしておりました。

祇園の街です。
c0227407_1854729.jpg

メインの通りは観光客でいっぱい!
c0227407_1855254.jpg

こういう路地から舞妓さんが出てきそう。
c0227407_1855778.jpg

わ、なんかいいな♡
c0227407_186247.jpg



少し行くと弥栄会館というところがあって
c0227407_18114130.jpg

金・土・日・祝日は舞妓さんの舞のステージが見られるんですね。
海外の観光客に大人気だとか。
一度見てみたいな。
残念だけど、ここはまた次回。


わっ!
「きものお手入れ処」ですって!
舞妓さんたちの着物のクリーニング屋さんかな。
c0227407_18151842.jpg

わーいいなー!

祇園じゃ祇園じゃ!
本でしか読んでなかったけど、本物の祇園じゃ!

素敵!素敵!
c0227407_1817712.jpg


そうだ!
祇園の中に
舞妓さんになるための学校があると
本で読んだ事がある。

踊りや三味線、茶道などのお稽古をする学校。

祇園の舞妓さん達が通っているのだ。

どこにあるんだろう。

iPhoneで検索して
その舞妓さんになるために通う学校も見つかりました。

八坂女紅場学園(やさかにょこうばがくえん)祇園女子技芸学校
c0227407_1819294.jpg

c0227407_18351518.jpg


通称「にょこば」と呼ばれるみたいですね。


見つかって&見れてよかったー!
満足!


さて


そろそろ
舞妓さん達のお仕事が始まる時間です。

通りに戻ると
タクシーの数も増えてきました。


舞妓さん出てこないかな…

キョロキョロ…


私たちが祇園や舞妓さんに興味があると見えたのか
通りに立っていたおじさんが
「ここで待っていたらもうすぐ二人の舞妓さんが出てくるよ!」

そのおじさんは
やけに舞妓さんに詳しくて
色々な事を教えて下さいました。

舞妓さんの足元を見てごらんと。

鼻緒の色が赤かったら、舞妓になりたての1年目。
片方だけ赤かったら、2年目。
…という具合に
鼻緒を見れば、舞妓さんのキャリアがわかるそうです。

結っている髪の形で分かれると本で読んでいましたが
鼻緒は知らなかったなー。

おじさんの言う通り、本当に舞妓さんが出てきました。
c0227407_18403435.jpg

後ろ姿もとてもキレイ。
c0227407_18403856.jpg


本物の舞妓さん♡


こんな感じで
お仕事に向かう何人かの舞妓さんも見れました。

お茶屋さんに並ぶタクシーのすごい行列も見れたし

こんなにお客さんを待つお店の前のタクシーの行列を
最近見るのは珍しいですよね。

不景気なんて関係のない街のようです。

あーーー
祇園って本当に私たちの日常とはかけ離れた世界ですね。


そろそろ食事を予約したお店に移動です。

つづく。
[PR]
by maya_tweet | 2011-02-04 19:06 | 京都