maya's memo mayatweet.exblog.jp

世田谷区在住。iPhone、ビール、東京、NY、ミュージカルが大好き。このBlogには日常や旅の記録などを残しています。たびたび登場するふぁるこんは夫です。詳しくは自己紹介カテゴリで。


by maya
画像一覧

映画「くちづけ」で号泣、でも…

c0227407_10411552.jpg

映画「くちづけ」を観てきました。

(※ネタバレ注意です)

知的障害を持つ娘と父親の物語。
その娘を貫地谷しほりさん、父親役を竹中直人さんが演じています。
舞台は知的障害者が暮らすグループホーム、ひまわり荘。

個性豊かなメンバー達とのユニークなエピソードに
最初から会場内は爆笑の連続なのですが
途中からもう涙が止まらなくなります。

現実に社会問題としては
ちっとも解決していない事象であり
映画の中でもちっとも解決していないのですが
ずどーんと問題提起をしてエンディングを迎えます。

私は内容を全く知らないで映画館に向かったので
知的障害者をとりまく環境やその現実
何より映画の結末がとてもショックでした。
いっぽん(父親)の気持ちが痛いほどわかるだけに。

いい映画だと思います。
でも「いいよー!見て見て!」と明るく言えないというか
すごく考えさせられた映画でした。

映画のチラシにあるように
この父娘を「見届けて欲しい」映画なんでしょうね。

号泣するので
ハンカチは2枚必要です。


「くちづけ」公式サイトはこちら
[PR]
by maya_tweet | 2013-05-30 11:04 | 映画・エンタメ生活